秋のマラソンの練習方法について

  • 2021年9月12日
  • 2021年9月12日
  • 未分類

こんにちは。

酷暑から少しだけ涼しくなってきました。

今日は秋のマラソントレーニングについて解説します。

秋のトレーニングは11月以降に控えるレースのために実践的な練習が本格化してきます。

Sponsored Link

まずはペース走で自分の立ち位置を測る。

秋口になると涼しくなり、自分の本来持っている走力を測るにはとても適切です。

そこで控えるマラソンレースの目標タイムに合わせて、ペースを決めます。

練習方法は、まずレースの目標タイムから1kmあたりの時間で計算します。

4時間目標→240分÷42.195km≒5分40秒

この割り戻した時間を平均ペースに走ります。

上記の通りですので、サブ4(4時間切りペース)だと1kn5分40秒を切るペースで走ります。

その他だと、

サブ3…4分16秒

サブ3.5 4分58秒

サブ4.5…6分23分

サブ4…5分40秒

サブ5…7分6秒

目標のタイムに合わせて、ペースを設定し、距離をある程度決めて走ります。

レースのペースで走ることによって、目標達成に必要なスピードを体に感覚として、染み込ませることができます。

マラソンにおいては、この感覚を掴むことは非常に重要です。

また、日々の練習の中に取り入れることによって、今の自分の現在地を把握することができます。

夏場に基礎づくりができていなければ

夏場の暑さに負けて、練習不足だった場合はまず42キロを走るための基礎づくりから。

LSDなどでゆっくり走り、まず長時間走る足を作ることが必要です。

いきなり走ると怪我します。

基礎づくりが終わったら、スピードトレーニング

上記の通り、の練習を1ヶ月程度を終えたなら、あるいは、夏場にジョギングなどをコンスタントに行なっていた場合は、スピードトレーニングを進めます。

スピードトレーニングは

インターバルトレーニング

ミトコンドリアトレーニングなど、強度高めのトレーニングを行います。

週に一度はペース走を取り入れる

10月から11月にかけては、必ずペース走を週に一度は入れてください。

基礎的な体力づくりと自分の座標を確認します。

その上で、レース本番での感覚を研ぎ澄ませておきます。

まとめ

このようなイメージで秋からのトレーニングを進めていきます。

とにかく、まずはペース走で自分の立ち位置を理解し、レース前もコンスタントに自分の状態を把握することが大事です。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!