沖縄風?コンビーフハッシュとお麩のキーマカレーの作り方【レシピ】

フーチャンプルー的なスパイスカレーです。

キッチンの保存食を置いているところに、沖縄で買ったコンビーフハッシュが残っていたので、カレーにできないかと考えていました。

沖縄と言えば、ゴーヤチャンプルー。でも、ゴーヤはなかなかカレーには厳しそう。そこで、思いついたのが、フーチャンプルー。お麩を使った炒め物ですね。

作ってみたら、ハッシュドビーフのじゃがいもとお麩のふわふわで結構美味しくできたので、紹介したいと思います。

「フーチャンプルーをカレーにしたら、独特な食感を持ったカレーができるのでは」と考え、コンビーフハッシュとお麩を使ってキーマカレーを作ってみました。

まずは、カレーのたね(グレイビー)の準備が必要になります。
今回のカレーも以前のブログで紹介したカレーのたねから作っているので、↓のリンクを参照してください。
大量に作って作り置きしておきましょう。

材料(2人前)

具材

  • コンビーフハッシュ…75g
  • お麩…20g
  • 塩こしょう…少々
  • ヨーグルト…200g
  • カレーのたね…2人前分
今回の主役は、このお二人。

スパイス

  • カルダモン…2粒
  • クミンシード…少々
  • マスタードシード…小さじ1
  • 鷹の爪…2本

スパイスは、カレーのたねで使っているので、なくても構いません。
あると風味が増します。

マスタードシードは、すごい香ばしい匂いがするので、大好きです。

コンビーフハッシュ、保存が効くし、いろんな料理に使えるので超便利

今回使ったコンビーフハッシュは、違うやつですが、いつも沖縄ハムのコンビーフハッシュを使っています。
沖縄に半年1回は行くので、その度にいつも大量購入です。ネットでも買えます。保存効くので、まとめ買いがおすすめです。どんな料理にも使えます。

マスタードシードの香ばしさはたまらない

マスタードシードもあんまりスーパーに売っていないので、通販がオススメです。テンパリングすると、めちゃくちゃ香ばしい香りがします。

レシピ

火を使い始める前に、お麩を水につけておきます。

お忘れなきよう。

それでは、まずホールスパイスをテンパリングします。弱火で焦がさないようにじっくりと油に香りを移しします。

マスタードシードが結構跳ねます。
跳ねてきたら、次の具材をいれる合図です。

マスタードシードが跳ねてきたら、コンビーフハッシュを入れます。
コンビーフハッシュが塊で出てくるので、ある程度、ほぐします。
そのあと、お麩を入れます。お麩はしっかり水を絞ってから入れましょう。
(じゃないと、油が跳ねて、大変。)

Sponsored Link
コンビーフがパラパラになるくらいまで炒めます。

コンビーフがパラパラになったらカレーグレイビーを入れて、そのまま、ヨーグルトも入れちゃいます。ヨーグルトの汁気を飛ばします。

ヨーグルトの汁気はしっかりとりましょう。
じゃないと、酸味が強くなってしまいます。

水分がある程度、飛んだら完成です!
じゃがいもの食感とお麩のふわふわな食感が合わさって、とても美味しいです!
食べると沖縄要素は少ないですが、とにかく美味しい!笑

写真では、フライドエッグ乗せにしました。
お麩もふわふわで美味しい!
あれ、ピントずれとる。。。
Sponsored Link

まとめ。調理時間は10分くらい。

以上です。調理時間は10分くらいです。(目玉焼き付きでも)
ただし、カレーのたねは、時間がかかるので、休日とかに作り置きがベストです。

最近ハマっている創作カレー。また何か思いついたら、レシピ掲載します。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!