スリランカの絶景世界遺産!シーギリヤロック

  • 2019年12月29日
  • 2020年3月15日
  • アジア

スリランカに行ったら絶対に行きたい絶景スポット、シーギリヤロック。先日登ってきました!写真で見ていたより壮大で、想像以上の感度が待っていました。

シーギリヤロックとは

シーギリヤロックは、コロンボから車で5時間ほどのスリランカ中部にあります。広大なジャングルの中に、垂直に切り立った大きな一枚岩がぽつんとあり、その頂上に作られた宮殿の遺跡のことをシーギリヤロックと呼んでいるようです。

シーギリヤロック

この宮殿は、5世紀にシンハラ王朝のカッサパ1世によって作られましたが、この王の死後は忘れ去られ、手付かずの状態が1000年以上続きました。イギリス統治下の1875年にイギリス人によって見つけられたそうです。けっこう最近なんですね。そんな歴史の想像を膨らませながら登るのも楽しいシーギリヤロック。国外だけでなく、スリランカ人にも人気の観光スポットです。

コロンボからシーギリヤまでのアクセス

スリランカ一番の大都市コロンボから、シーギリヤロックまでのアクセスは大きく分けて、ローカルバス、タクシー、飛行機の3通り。それぞれの特徴は…

ローカルバス

コロンボからシーギリヤまでの直通は無く、ダンブッラという遺跡で有名な観光都市を経由することになります。

  • コロンボ→ダンブッラ(4時間半〜5時間)
  • ダンブッラ→シーギリヤ(40分程度)

料金は200円もかからないくらいで、移動距離を考えると超格安。ただ乗り心地が劣悪という噂です。満員で座れないこともありますし、窓が開きっぱなしで埃や排気ガスにまみれながらの移動になるということも。舗装されていない道も多いので、ちょっと体力がいるかもしれません。

タクシー

バスよりお金はかかりますが、効率的かつ快適に移動できるのがタクシーをチャーターするという方法。私は今回滞在期間が3日間と限られていたので、この方法を選びました。

空港でタクシーを手配することもできるようですが、私は宿泊するホテルのオプショナルサービスを利用。料金は、3日間、大人3名で約3万円でした。ちなみにこの3日間の主な移動内容はこんな感じ。

  • コロンボ→シーギリヤ(4時間半〜5時間)
  • シーギリヤ→ダンブッラ(40分程度)
  • ダンブッラ→キャンディ(2時間程度)
  • キャンディ→コロンボ(3時間程度)

この他にも要望に合わせて細々といろんなところを回ってくれました。ローカルバスよりは高いですが、日本と比べると圧倒的な安さで大変満足です。

飛行機

移動時間を短さを取るなら飛行機。フライト時間は約30分で、1日4便出ているようです。料金は片道2万円くらい〜が相場みたいです。

シーギリヤロックに登ろう!

料金

シーギリヤロックに登るための料金は4,500ルピー(約3,000円)。カレー一杯200円もしないこの国の物価を考えると超高額ですが、これで景観を保全しているなら仕方ないのかな。現地のチケットセンターで買えます。

池を超えて登り口へ

遺跡の周りには池が作られていて、敵の侵入を防いでいたようです。日本のお城の周りに作られているお堀のようなものでしょうか。ただここには昔、無数のワニがいたそうです。かなり怖いですね。

今はワニはいませんが、サルがたくさんいました。日光東照宮とか、バリ島のウブドとか、他の観光地のサルよりおとなしい印象です。

1000段の階段

岩を登ると言っても、頂上までは階段が作られています。1000段あると言われていて、所要時間は40分程度です。けっこうしんどいのかなと、気合いを入れましたが、実際に登ってみると、景色を見ながら登るからか、軽々と登れました。

登る途中は、見たこともないような壮大な岩の迫力に圧倒されます。岩肌がむき出しになっているので、堆積した岩の模様も面白いです。途中「シーギリヤ・レディ」と呼ばれるフレスコ画が描かれた岩の部分があるのですが、ここは写真撮影NGとのこと。かなり状態良く残っていて驚きました。王がいた当時は、500人ほどの女性が描かれていたそうです。

ライオンテラス

中腹にある「ライオン・テラス」。今は爪の部分しかありませんが、王がいた当時は頭もあったそう。そもそもこの「シーギリヤ」の由来は、「シンハー」(ライオン)と「ギリヤ」(岩)をくっつけたもで、岩の形がライオンに似ていたため名付けられたとのことです。スリランカの国旗にもライオンが描かれているように、ライオンはスリランカを象徴する動物で、昔からみんなの憧れだったそうです。

絶景の頂上

この「ライオン・テラス」からさらに上に登っていくと頂上に!
365度全て森が広がっていて神秘的な光景です。「天空の城」とも呼ばれていますが、その意味が良くわかります。

今回私たちは夕方から登り始め、頂上で夕日を待つことにしました。これまた感動的な景色です。時間に融通がきく場合はとってもおすすめです!
ただ街灯なんて一切ないので、ゆっくりしていると真っ暗になってしまいます。夕日を見たらすぐに降り始めましょう。街の明かり一つないので、本当に真っ暗です。

まとめ

遠目からも、登っている間も、頂上でも、どの角度からでも楽しめるシーギリヤロック。わざわざ足を運ぶ価値は大いにあると思います!スリランカに行った際はぜひぜひ登って見てください!

またスリランカ最大の街、コロンボ観光については、こちらをご覧ください。シーギリヤから車で5時間くらいです。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!