仲間と走ることの大切さ

ランやバイクなどは基本的には1人でやるスポーツです。なので、結構練習も孤独なことが多いと思います。

ですが、私は定期的に仲間と走ることにしています。仲間と走るとやっぱり辛いランも、普段の100倍くらい楽しく感じます。

1人で走る良さも当然あると思います。景色を堪能したり、考え事をしたり。また当然、自分の走力にストイックに向き合うという意味では、非常に大事で、1人で練習することは必要だと思います。また自分の時間で走れるので、融通が効くという意味では、非常にいいですよね。

ただ1人で向き合っていると、同じコースばっかり走っていたりすると、練習が単調に感じるようになって、なかなか継続するのが難しいですよね。

そういう時はやっぱり、仲間を作って、ワイワイ言いながら、走るのが断然オススメです。1人でランする時のモチベーションにもなります。

仲間と走ることの楽しさ

1.目標を共有しながら、走れる

今年の12月に那覇マラソンを走る予定をしています。それも、会社の仲間10人くらいと。ちなみに、今年はこのメンバーでは2回目の出場になります。

那覇マラソンはみんなで出場するだけでなく、練習も一緒にやっています。みな、それぞれの目標をもってチャレンジしています。まずは完走だったり、5時間切りだったり、それこそ、サブスリーを狙う人がいたり。

そういう目標を共有しながら、走れるというには非常に楽しいです。

2.人の成長が自分の成長へのモチベーションに繋がる

仲間と定期的に走ると、人の成長がよくわかります。私は数週間に1度くらいのペースで、仲間と練習していますが、数週間でも、あの人速くなったなとか、手にとるように分かったりします。ランニングは練習の成果が出やすいので、そういうのを見ていると楽しいです。

人の成長を見ていると、自分も負けてられないなとか思い、自己のモチベーションに繋がることもよくあります。

3.走り終わってからの飲み会

もうこれは当然ですが、終わった後のビールは最高です。水分が足りない状態で飲むビールほど美味いものはありません。あと、やりきった感覚があるので、充実感を満たしてくれます。そういう美味いビールを飲みながら、仲間とワイワイやる。ふだんののみかいの数倍の楽しさがあります。

どうやって仲間を作るのか

他にも、いろんなメリットがあると思いますが、そんなこと言われても、そんな仲間なんて作れないよという方もいるかもしれませんが、以下の方法を挙げておきたいと思います。

1.ラン以外の魅力を発信する

自分の会社仲間や学生時代の友人など、誘うにも、「なんでそんなしんどいことやらないとあかんねん」と言われて、一蹴されることもあると思います。というか、私はそうでした。そういう場合は完全に食わず嫌いなので、ラン以外の魅力を発進して誘ってみるのはありだと思います。例えば、会社の仲間を集めることができたのは、沖縄に那覇マラソン走りに行こうという謳い文句で始まり、美味しいステーキ屋とか全然関係のない観光情報などを伝えて、誘うと一気に10人くらい集りました。

その翌年は、みな、ランの楽しさに気づき、なにもせずとも10人くらい集まる感じになりました。

2.ランステのイベントに参加する

ランニングステーションには多くのランナーが集まっていますが、定期的にイベントが開催されています。レベルごとのトレーニングであったり、どこかランの名所にエクスカージョンだったり。そういうイベントに参加して仲間を作るのもありだと思います。皆ランに対する意識が高い人が多いので、有益な情報収集の場にもなります。

3.ランのコミュニティサイト

これは、僕自身は試したことないのですが、ランのコミュニティサイトでラン仲間探しやグループを結成している方も一定数おられました。いきなり、リアルのそういう場に行くことが億劫だとかいう場合は、オンラインで最初に繋がるのは人によっては参入障壁は低いと思います。

RUNNET
代表的なサイトはRUNNETです。レースの参加申請などもできるサイトですが、同時にコミュニティサイトとしての機能があります。
https://runnet.jp/

スポーツやろうよ!スポーツサークル募集掲示板
あとランだけではないですが、以下のようなサイトもあります。スポーツ全般に関するコミュニティ募集の大規模掲示板です。
https://www.net-menber.com

どちらもしっかり稼働してるので、試してみる価値は大いにありです。

目標を持つことは当然大事ですが、目標を目指すにあたっては、他人の方に目標を共有して、自分の目標を宣言して、切磋琢磨すると、1人で切磋琢磨するより辛さ半減。楽しさ倍増って感じです。勇気を出して、お試しあれ。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!