甘くておいしい秋の味覚!さつまいもと鶏のスパイスキーマカレー【レシピ】

  • 2020年10月21日
  • 2020年10月21日
  • カレー

こんにちは!最近スーパーでさつまいもを大量に見かけるようになりました。秋ですねー。さつまいも食べたいなーと思っていたところに、ちょうどご近所さんにたくさんいただきました!ありがたいです。

焼いたり蒸したり揚げたり、いろんな食べ方がありますが、せっかくなのでスパイスカレーも作ってみました!甘みがある優しいカレーになりました。

秋の味覚さつまいもの栄養効果

さつまいも

スパイスカレーは、おいしいだけでなく栄養価が高く健康づくりにもってこいの食べ物!運動してカレーを食べれば元気もりもりです。スパイスカレーの栄養価については、以前記事でもご紹介しました。

さつまいもにも健康に嬉しい栄養素がたくさん詰まっているので、食材として使えば栄養たっぷりのスパイスカレーに!旬の食材はその季節に食べるのが栄養効果が得られると言われているので、今がチャンスです。

食物繊維で腸内環境を改善

さつまいもには、水に溶ける水溶性食物繊維と水には溶けない不溶性食物繊維がバランス良く含まれています。

水溶性食物繊維は小腸での栄養素の吸収速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑えます。不溶性食物繊維は、消化されずに大腸まで届き、腸内の水分を吸収して便の容量を増やし、腸を刺激。これにより排便がスムーズになり、腸内環境が整えられます。

ビタミンCで美肌や風邪予防効果

肌のシミ対策や風邪予防などなどたくさんの効果があるビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは熱に弱いのですが、さつまいもに含まれるビタミンCは、でんぷんに守られているため熱に強いのが特徴。カレーに入れても効果が保たれるのが嬉しいですね。

Sponsored Link

さつまいもと鶏のスパイスキーマカレーレシピ

さつまいもと鶏ひき肉のスパイスキーマカレー

材料【2人前】

・さつまいも:1本
・鶏ひき肉:100g
・玉ねぎ:1個
・ヨーグルト:大さじ2
・牛乳:100ml
・水:100ml
・ココナッツオイル(サラダオイルでも可):大さじ1
・シナモンスティック:1cm
・クローブ:1粒
・すりおろししょうが:小さじ1
・すりおろしにんにく:小さじ1
★クミン:大さじ1
★コリアンダー:小さじ1
★ターメリック:小さじ1/2
★塩:適量
・ローリエ(あれば):1枚
・ブラックペッパー:少々

作り方

①さつまいもは一口大の乱切りにし、600Wの電子レンジで3分加熱する。玉ねぎはみじん切りにしておく。

電子レンジで温めたさつまいも

②フライパンにココナッツオイルをひき、シナモン、クローブを入れて温め、香りが付いたら、玉ねぎ、すりおろししょうが、すりおろしにんにくを入れ、玉ねぎが焦げ茶色になるまでしっかり炒める。

③鶏ひき肉と★を入れさっと炒め、ヨーグルトを加え全体をなじませる。

④①のさつまいも、水、ローリエを加え、沸騰したら蓋をして弱火で3分ほど煮込む。

⑤牛乳を加え、温まるまで煮込み、最後に塩とブラックペッパーで味を整えたら完成!

まとめ

今回は、さつまいもの甘さを際立たせるために、あえてとうがらしを入れませんでした。代わりにブラックペッパーで辛みを加えアクセントになっています。

スパイスカレーですが、さつまいものほっこりとした甘みと相性が良くやみつきになる味です。さつまいもがおいしいこの季節にぜひお試しください!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!