ポケモンGOでランニング!初心者もすぐにレベルアップ

こんばんは。ポケモンGO歴かれこれ、4年弱です。気づけば、30レース以上、マラソンや長距離ランに出ている私が解説します。

さて、タイトル通りです。
もしポケモンGOをされているなら、スマホを持って走りましょう。
効率MAXです。

最近の相棒モードはめちゃくちゃ面白い。

まず大前提、スマホを持つだけではなく、ポケモンGOをオンにして走りましょう!
※僕は何度か忘れたことがあります。。。走り終わって気づくとかなりの後悔です。

Sponsored Link

メリット

1.たまごがすぐ孵化します

たまごの孵化に、2kmとか5kmとか長い時は10kmとか。

長いなーと思っている人たくさんいると思いますが、ランニングだと一瞬です。

ランナーからすれば、5kmなんてかなり短く感じると思いますが、一般のプレイヤーからすると長距離です。
このメンタリティを考えるとすぐ、結構大きいです。

また経験値も最大1000EXPも貯まるので、初心者だと結構大きい経験値になります。

2.距離のリワードで豪華報酬ゲット

週間で50km以上歩くと、毎週月曜9時に週間リワードがもらえます。

絶対もらえる報酬が

1.ハイパーボール5個

2.ほしのすな5000

です。

さらに、ランダム報酬として、

1.ふしぎなアメ5個

2.たまご2個(10km1つ、5km1つ)

3.ぎんのパイルの実5つ

のいずれかが手に入ります。

ふしぎなアメはかなり大きいと思います。
伝説ポケモンの育成にはかなり役に立つと思います!

これです。たまたま撮った時が全然ですが、割と稼いでいます。

3.ランニングのモチベーション

毎日走っているとモチベーションをなかなか継続するのは難しいですが、少しでもポケモンGOのようにアトラクションを追加すると楽しくなると思います。

私もポケモンGOを始めた頃は無駄に走ったりしました。結果、ゲームも進み、ランの強化につながりました。まさしく一石二鳥でした!

これから、ランを始める方にとっても習慣化の一助となり得るので、ぜひポケモンGOをお供にしてください!

Sponsored Link

注意点

1.速く走りすぎるとカウントされない。

ポケモンGOでは時速10kmを超えると距離がカウントされません。

となると、ランナーからすると1kmを6分より速く走ってしまうとカウントされなくなります。
中級ランナー以上だと厳しいと思いますね。。。

とはいえ、マラソン前のLSDや友人と走る時などでは、きっとこのペースもあると思います。
なので、ゆっくり目に走るときには絶対ポケモンを連れていきましょう!

2.スマホが重い

ポケットにスマホを入れないといけません。最悪、手に持つこともあるかもしれません。

実際に、私はスマホを持ち歩く時は、ポケットが安定する服装で走っています。
なので、走る時の服装が制限されてしまうことはデメリットと言えます。

3.電池

スマホで位置情報をオンにすると、当然かもしれませんが、電池の消費が激しくなります。もしスマホが古かったり、長距離を走るとスマホの電池がもたない可能性があります。

もしスマホに地図を頼っている場合は、帰り道がわからなくなることもあるかもしれないので、注意してください。

Sponsored Link

まとめ

以上です。
ポケモンGOも制限ありますが、ポケモンGO人口はすごいので、ランニングのお供にするとモチベーション向上につながる可能性は十分にあります。

ぜひ試してください。そのほか、ダイエットに利用するのもありですね!

ただ最後にこれです。

画面を見ながらは絶対ダメ

歩きスマホは散々言われていますが、走るスマホはもってのほかです。
ランするときはランに集中しましょう!
ポケモンGOをオンにしていれば、ちゃんと認識してくれます!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!