奈良をカレーの総本山に!新進気鋭のダルバート専門店「菩薩咖喱」

  • 2020年7月25日
  • 2020年7月29日
  • Akari

こんにちは!先日、念願叶って、奈良のダルバート専門店「菩薩咖喱」に行ってきました。噂通り、とてもすてきなお店だったのでご紹介します!

そもそもダルバートとは?

そもそも、ダルバートとは何かというと…

ネパールの代表的な家庭料理で、ダル(daal=豆のカレー)とバート(bhaat=米飯)の合成語であり、それに野菜のおかず、漬物などがセットになった食事のこと。

菩薩咖喱HPより

ネパールの代表的な国民食だそうです。米と数種類のカレー、おかずをごちゃ混ぜにして一緒に食べるのが一般的な食べ方なのですが、ワンプレートにたくさん盛られている見た目や、味の変化が楽しさが魅力だと思います。

Sponsored Link

奈良をカレーの総本山にする!菩薩咖喱

菩薩咖喱外観

そんなダルバートの専門店として、昨年奈良にオープンした「菩薩咖喱」。菩薩というその名前もイカしていますが、何よりすてきなのは、“奈良をカレーの総本山にする!”というそのコンセプト。奈良県出身の私としては、ぜひ応援したい気持ちでいっぱいです。店主の熱い意気込みが感じられますね。

詳しくは菩薩咖喱HPをご覧ください。

さて今回は、そんな菩薩咖喱でダントツおすすめというダルバートセットをいただきました!

菩薩咖喱ダルバート

まず見た目でテンションが上がりますね。とっても華やかです。

今日のカレーは3種類、菩薩チキン、さばカレー、豆のスープでした。どれも絶品でしたが、私が特に気に入ったのはさばカレー。ココナッツミルクが効いていて、さばとの相性も抜群でした。それから豆のスープも優しい味わいで癒されました。

そしておかずの種類がとっても多い!少しずつご飯と混ぜながら食べるのですが、味の変化が本当に楽しかったです。これとこれを合わせるとこんな味になるのかー!と一口ずつ新たな発見です。新鮮な野菜がふんだんに使われているのも嬉しいポイントです。

ダルバートと一緒に、ネパールビールもいただきました。

ネパールビール

アジアのビールはあっさりしたものが多い印象ですが、このネパールビールは、わりと味がしっかりしていて、飲み応えがありました。ダルバートによく合います。

チャイやラッシーもあったので、今度行った時は必ず食べたいです!

菩薩咖喱アクセス

住所:630-8262 奈良市北袋町7

近鉄奈良駅から徒歩8分ほど。
奈良女子大学の近くの、落ち着いた街並みの一角にあります。

ならまち、奈良公園もすぐ近くで、観光もぜひ一緒に楽しめます。
奈良に行く際はぜひ!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!