汗をかいてもサラサラ快適!魔法のような肌着ファイントラックのドライレイヤー

最近、登山やサイクリング用の肌着として購入したファイントラックのドライレイヤー。これがもう、ほんとにすごくて…。
登山など運動をされる人の中では有名だと思いますが、運動をしない人にでも、どんな人にでも心からお勧めしたいくらい、私の中で革命的な肌着だったので、今回ご紹介したいと思います。

ファイントラックドライレイヤー
ファイントラックドライレイヤー

汗をかいても肌をドライに保つ撥水性

このドライレイヤーの特徴が、かいた汗を肌から遠ざける強力な撥水性。難しい仕組みはここでは割愛しますが、汗が肌に残酢ことなく外に逃してくれるので、肌をドライに保つことができます。これが、登山での汗冷え問題や気になる汗の臭い問題などを解消してくれるというわけです。

ファイントラック公式サイト

登山や運動後の汗冷えを解消

冬の登山で本当に厄介なのが、汗冷え。登っている最中は体があったまるので、冬とは言え、けっこう汗をかきます。でも少し止まるとすぐに汗が冷えて、とんでもなく寒くなるんですよね。一度冷えると、そこから体を温めるのは難しく、本当に辛いです。冬山で体が冷えるなんて地獄、というか命取りです。
私も何度も山頂で凍えて、辛い思いをしてきました。また登山だけでなく、最近始めたサイクリングでも、休憩の度に汗が冷えるのが不快でなりませんでした。

そんなこんなで悩んでいたとき、登山仲間にもサイクリング仲間にも勧められたのが、ファイントラックのドライレイヤーでした。これを着ると、汗がすぐに乾いて冷たくならないと言うんです。
正直、肌着1枚でそんなに変わるのか??と半信半疑だったのですが、やはり汗冷えが辛くて、藁にもすがる思いで1着買ってみました。そして登山やサイクリングで着てみたところ、これが衝撃だったんです。
めちゃくちゃ汗をかいたはずなのに、汗の形跡すらない。いつもなら下着がベタついているところ、いつまでもサラサラ。汗が残らないので、冷たくなることもなく、ずっと保温された状態が保たれていました。生地の違いでここまで変わるのかと、本当に驚きました。もっと早く買っておけばよかったと思うばかりです。

汗の臭いを軽減

汗が肌に残らないので、汗の臭いももちろん軽減されます。私は冬の汗冷えを解決するために買いましたが、汗が気になる夏場にも使えそうです。夏は普段の生活でも、外で少し体を動かすだけで汗を掻くので、そんな時にこのドライレイヤーがあると安心です。

ちなみに私が今回買ったのは、ドライレイヤーのBASICですが、COOL、WARMと3タイプあるので、夏はCOOLを買ってみようかなと思っています。

着替えを減らし荷物を軽減

夏も冬も、汗をかいた肌着を身に付けたままでは不快なので、登山に行くときなどは着替えを持っていきます。ですがこのドライレイヤーなら、汗が残ることがなく、着替えの量も大幅に減らすことができます。これも私の中ではかなる嬉しいポイントです。

シーンによって使い分けられる3タイプ

先ほどもチラッと書きましたが、BASIC、COOL、WARMの3タイプあり、着るシーンによって選び分けることができます。夏場、冬場、運動の種類などで選ぶのが良いと思います。

初めての1枚にお勧めのBASIC

オールシーズン、様々なアクティビティに使えるドライレイヤーベーシック。私も初めの1枚ということでこれを買ってみました。持っていて損はない1枚だと思います。

BASICの約2倍涼しいCOOL

特に夏場など、汗をたくさんかくアクティビティに使えるのがドライレイヤークール。冷涼効果があるそうです。私も夏場は必ず着てみたいと思います。

BASICの約1.5倍温かいWARM

寒いときのアクティビティに対応しているのがドライレイヤーウォームで、ドライな上に温かい効果もあるそうです。雪山の登山なんかには欠かせないですね。

それぞれのシリーズには、半袖、長袖、タンクトップ、タイツなどなど、いろんなタイプがあるのでありがたいです。

インナーとしては少しお高めかもしれませんが、この機能性を考えると、安い!と私は思うので、いろんなタイプを揃えたいと思います。この快適さには変えられません。

ということで、ファイントラックのドライレイヤー、騙されたと思って、一度試してみていただきたいです…。ちなみに私は、ファイントラックの回し者でもなんでもありません。ただのファンです。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!