シンガポール・マリーナベイ・ランニングコース【1周5.5km】

新年明けましておめでとうございます!
2020年初投稿となりますが、今年も何卒宜しくお願いします!

さて、新年一発目の投稿については、わりとベタにシンガポールはマリーナベイを中心としたランニングコースをご紹介します。(ベタでもないか)

1時間もかからず観光完了

シンガポールのランドマーク、マリーナベイサンズやマーライオンを眺めながら走るコースです。1周6km弱なので、1時間もかからず、シンガポールの見どころは観光完了します!

さすがシンガポールで道も舗装されており、道も広く、ずっと平坦な道なので、かなり走りやすいです。あと景色や空気もとても良いので、ぜひ観光やビジネスで訪れた際はお試しください。

結構有名なランコースなので、ランナーもたくさんいます。

注意点

ただ、難点を挙げるとすれば、温度です。赤道直下のシンガポール。年中30度前後の気温です。ですので、必ず水分補給をしっかり取りましょう。

500mmのペッドボトル1本くらいは携帯した方がいいと思います。

そして、早朝にしましょう。酷暑を避けるというのもありますが、マリーナベイは観光客も多く、9時を過ぎると観光客で走りづらい状況です。さくっと、気持ちよく走り切るのであれば、朝一番がオススメです!

特にガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the bay)については、かなり道がクネクネしていて、観光客も多いため、早朝を逃してしまうとかなり走りにくいです。ただ、それでも走っている人はいます。

Sponsored Link

Bay Front駅からスタート

スタートは、MRTのBay Front駅からスタートします。

Bay Front駅は、今となってはシンガポールのランドマークタワーのマリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)の最寄駅です。
駅を出ると、Marina Bay Sandsがドッカーンとあります。

マリーナベイサンズどっかーん

船とそのデッキをイメージしたデザインらしいです。
カジノとホテルとかの有名なInfinity Poolが最上階にあります。
人生のどこかで一度は行ってみたい。
https://jp.marinabaysands.com

そこから北上し、Marina Bayを回って、マーライオン・パーク(Merlion Park)まで目指します。

アートサイエンスミュージアム

まず見えるのは、アートサイエンスミュージアム(Art Science Museum)です。蓮の花をイメージした建物らしいです。
https://jp.marinabaysands.com/museum.html

この右のやつですね。外観が一番見どころかも。

外観が一番の見所で、中はいまいちかも。初めてであれば入場しても良いかもしれませんが、チームラボの展示が常設されていますが、日本で見れる展示の方がよっぽどクオリティ高いと思います。

そのあとは、Helix Bridgeを渡り、マーライオンを目指します。
もう見えているので、すぐわかると思います。

Sponsored Link

マーライオン。そんながっかりじゃない。

マーライオンは、世界三大がっかりと言われていますが、個人的にはそんなにがっかりはしないです。
時間に余裕があるなら、噴水を口で受け止める自撮りやっちゃってください。

こんな感じですね。
※すいません、ランしている時の写真じゃないです笑
よく見る景色
小さいマーライオンもいます。

そこからは、シンガポールの摩天楼を眺めながら、マリーナ・ベイを1周します。モダンな摩天楼、ごみ一つない舗装された道路、綺麗な湾をいろんな角度からマリーナベイを眺めながら周遊していきます。

高層ビル群に、ごみ一つない道。日本よりきれい。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。超幻想的!

スタート地点であるBay Front駅に戻ってきますが、Bay Frontの角を曲がらずに、直進して、ガーデンズバイザベイ(Gardens by the Bay)に向かいます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、外周は入場無料の庭園です。シンガポールならではの緑の豊かさを感じながら、ランすることができます。
道も入り組んでいるので、迷宮を走っているかのように楽しみにながら走ることができます。

スーパーツリーグローブ目掛けて走ってください!

このガーデンズ・バイ・ザ・ベイの象徴は、スーパーツリー・グローブ(Super tree grove)です。ツリーの間に架る橋は、有料ですが、その周辺の道は無料ですので、ご安心ください。

この至近距離でも、無料ですよ。

スーパーツリー・グローブは、すごい幻想的でとても好きです。モダンと自然が共存している未来感は、非日常感を味合わせてくれます。

Sponsored Link

ゴール!

さて、スーパーツリーグローブを抜けたら、マリーナベイサンズを見上げながら、Bay Front駅まで戻ってコース終了です。

戻ってくるときには、信じられないくらいの発汗量だと思います。マリーナベイサンズに泊まっていたら、シャワーまですぐですが、とはいえ、違うホテルだったとしても、地下鉄でどこにでもさっと帰れる交通の便があるのも、シンガポールの良さですね。

このランコースで、一瞬でマリーナベイの観光名所を満喫することができます。1周5.5km、ぜひお試しください。

以上、新年一発目の投稿でした。今年も一年ご愛読よろしくお願いしまーす!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!