ボントサイクリングのライオットロード!ロードバイク用のビンディングシューズとペダルを購入

こんばんは。

昨年の12月にSpecialized Roubaixを購入しました。

しばらくは、フラットペダルでフラフラこいでいましたが、いい加減、パーツを揃えて、ロードバイクの本来の性能を引き出そうということで、
ようやく、まず2点購入したので、ご報告。

今回は、ビンディングペダルとビンディングシューズを購入しました。

Sponsored Link

ビンディングペダルはベタにSHIMANO

もうこれは安定のSHIMANOです。

昔乗っていた時は、LOOKのビンディングペダルを使っていたのですが、
この時代になってみてみると、SHIMANO1強の様子。

なので、時代の流れに乗り、SHIMANOの105のペダルを購入しました。
アルテグラかデュラエースのペダルにしようか迷いましたが、
カーボン素材のペダルだったら十分軽いかということで、
105にしました。 PDR-7000ってやつです。

カーボンなのでしっかり軽い!

フラットペダルからビンディングペダルに変えるだけで、見た目がすっきりするのでいい感じ!

見た目すっきり!

ビンディングシューズはボント!

ビンディングシューズはボントサイクリングのRiot Road+にしました。

ボントサイクリング:Riot Road +

選んだ理由は見た目。

正直ね。SHIMANOとかGIROとか、カッコよくなくて。。。
機能性は素晴らしいのだろうけど、ファッションにこだわる僕は、選べませんでした。

””
※SHIMANOのRC-9とか、なんやねんあの光沢。いらないよ。
プロダクトデザイナー、どういうつもり??
””

一方、このRiot Road+は、スポーティーながらもカジュアルなデザインで、他のシューズと比べると圧倒的にカッコよく見えました。

あと、フィット感ですね。
ボントシューズは、熱成形ができるシューズで、専用のオーブンに入れることによって、シューズの形を変形させることができます。
なので、その人の足の形にぴったりフィットするように成形できるのです。

また、アジアンフィットもあるので、日本人の足にも合わせやすいのも良いポイント!

Sponsored Link

フィジークやマヴィックなどのヨーロッパのメーカーは、ヨーロピアンフィットで、どうしても足幅が狭いので、あいにくいですが、アジアンフィットだと、フィット感は抜群です。

またソールはカーボンソールなので、そこが硬いので、しっかり力を失わずに、ペダリングにつなげてくれます。
ちなみに、ナイロンのソールだと結構力がペダルに伝わらないので、カーボンソールがおすすめです。

ソールはカチカチで、力を逃さない

見た目だけでなく、フィット感など機能性も抜群なので、とてもおすすめです。
お値段はミドルモデルにしては、2万7千円くらいするので、安くはないですねw

シューズケースもついてます!

まとめ

ということで、ペダルまわりの購入品を紹介しました。

早速、乗ってみたんですが、クリートの固定が甘くて、ペダルから外れなくなり、いきなり立ちゴケをぶちかまして、膝下を強打してしまいました。
皆さんもクリートはしっかりレンチを回して、固定しましょうw

とはいえ、やっぱり、ビンディングでペダルを固定するとペダリングがとてもスムーズですね。

さらに、ロードバイク自体のペダル周りがカッコよくなったので、大満足です!

次回はホイールを交換ですかね!
高いのがネック。。。

余談ですが、、、
ビンディングシューズはネットではなく、ショップでしっかり履いた上で購入しましょう。
ビンディングのフィット感はかなり重要です。
特にロングライドするときには本当に実感します。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!