ダイソーの15mmスパナで自転車ペダルは外せるのか。pwtのペダルレンチと比較。

先日、ロードバイクを購入し、ひとまずフラットべダル(普通のペダル)を装着して、乗っていました。

持ち帰り用に一旦普通にフラットペダル

そんな中、ようやくロードバイク用のビンディングペダルとビンディングシューズを手に入れたので、ペダルの交換をしようとしました。が!

ボントのRiot Road!完全に見た目で選びました!
このシューズの紹介はまた次回!

ビンディングシューズ買ったら、工賃なしでやってくれるのかなと思ったら、ペダル交換だけに工賃3000円かかると言われたので、ペダル交換は自分でやることを決心しました!

Sponsored Link

ついているペダルが六角を挿すところがないので、スパナを購入しました。

まずダイソーのスパナを試してみる

工具用に買ったのはダイソーのコンビネーションスパナ15mmです。
短いけど、100円だし、足やら、ハンマーでカンカンやったら外れるだろうと思い、購入。

心許ないけど、安いし。

さて、早速、フラットペダルの取り外し。

自転車のペダルは基本的に15mmなので、ぴったりハマります。

が、全く回りません。

あの手この手で、ハンマーやら、足で蹴り落とすなどしましたが、びくともしません。
それどころか、手はもう力入れすぎて痛く、足で蹴り落とした時に、フロントギアに接触し、負傷しました。

かなり力を入れましたが、全く回らず。。。

1時間弱、奮闘しましたが、虚しくも1mmも回すことができませんでした。

ペダルレンチを購入!

そんなことで、いろいろ調べた結果、
ペダル専用のレンチを購入しました。

pwt社のペダルレンチです。
日本のメーカーの製品で、安い割にかなりしっかりしたレンチでした。

持った感想はもはや鈍器。
かなり重厚感があります。

全長も35cmあるので、ダイソーのスパナと比べると、本格的です。

もう全然違うよ。本物だよ。

では、早速使ってみます。

重さが全然違うのでずっしり

軽く外れました。

全然力入れてないけど、あっさり。
しっかり外れました

いやー、ペダル外すのに、すんごいもやもやしてたんで、かなりスッキリしました!

まとめ

とりあえず、ダイソーや100均のスパナやレンチでは、自転車のペダルはびくともしません。

むしろ怪我するのでやめましょう。

まあ、危ないから、固くなるのも仕方ない。
自転車のペダル交換は、しっかり専用の工具などトルクが強いもので対応しましょう。
Pwtのものはしっかり回りました。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!