本土(内地)から那覇マラソン、おきなわマラソン参加にかかる費用。割と安い。

毎年12月の第1週目に開催され那覇マラソン。2万5千人が参加し、沿道の応援の凄かさから、日本一のファンランです。

そんな那覇マラソンの参加するための費用について、まとめたいと思います。

実はそんなにかかりません。ただ、時間は必要かもしれませんね。

1.那覇マラソン、おきなわマラソンのエントリー料

本土の主要大会のエントリー料と比べると、沖縄のマラソンのエントリー料はかなり安いです。

東京マラソン:16200円

それに比べて、

那覇マラソン:8000円

沖縄マラソン:7000円

なので、同規模の大会でいうと、東京マラソンや大阪マラソンになりますが、結構な差がありますね。

2.沖縄への飛行機代

飛行機代ですが、最近はLCCのおかげでかなり安くいけます。

羽田や関空、セントレアからだとピーチ、ジェットスターだと、往復で10000円くらい。

たとえば、今回の私は、スカイマークで往復15,740円でした。

ただし、これは正規価格ではなく、いま得というセール価格です。

この予約自体は8月29日にしたので、レースの3ヶ月前です。

ピーチなどのLCCも含め、直前だと結構値段上がるみたいなので、早めにチケット取りましょう。

Sponsored Link

3.沖縄でのホテル、宿泊費用

これに関しては、ピンキリだと思います。

ただ、私の相場では、8000円程あれば確実にホテルは取れます。ゲストハウスなどを選択すれば、もっと格安。

3つ、提案しておきます。

1.ホテル

普通に王道だと思います。ピンキリなので、お好みだとは思いますが、選ぶポイントを挙げるとするならば、

1.奥武山公園へ徒歩圏内であること

2.レースの3ヶ月前には予約すること

の2つです。

なぜ、奥武山公園徒歩圏内かというと、ゆいレールを乗らなければならない、あるいは、車で行かないといけないという環境だと、レース後がかなり大変です。

あと、ある程度事前に取らないと、値段が那覇マラソンなので、高騰します。出ると決まったら、ホテルも航空券即座に取りましょう。

2.airbnb

民泊ですね。ものによりますが、結構いいところあります。なにより、キッチンついてたりとか、あと、大人数が泊まるのにも対応していたりなど。メリットもたくさんあります。

そして、ホテルよりは安いケースの方が多いですね。

Sponsored Link

3.ゲストハウス

ユースホステルとも言うのでしょうか。ドミトリータイプのホテルですね。一泊1500円とかで、結構あります。どこでも寝れるタイプならば、ありだと思います。

ちなみに、Akariさんの御用達は↓

http://www.camcam-okinawa.com

4.合計

Taka(僕、ホテル派)の場合

エントリー料:8000円

航空券:15000円くらい(神戸からスカイマーク)

宿泊費:2泊で16000円くらい

合計39,000円くらいですね

ただし、3ヶ月前に手配でこれくらいです。

Akari(ゲストハウス派)の場合

エントリー料:8000円

航空券:10000円くらい(関空からピーチ利用)

宿泊費:2泊で3000円くらい

合計21000円くらいですね

これは、航空券は3ヶ月前がマストですが、ゲストハウスの宿泊費は大きな変動は無さそうです。

Sponsored Link

以上、どういうスタイルで行くのかというところによると思いますが、21000円だと、東京マラソンに参加することを考えるとかなり格安だと思います。あと、沖縄マラソンだともっと安くなります。

ぜひ検討してみてください!沖縄のマラソンは最高に楽しいです!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!