コンチネンタルのGP5000チューブレスを買ってみた。すごくて感動してる。

こんにちは。

最近、タイヤとホイールを買い換えました。
今回は買ったタイヤをご紹介します。ホイールは次回。

Continental社のGrand prix 5000 TL(グランプリ5000)です。

ドイツの国旗で、ドイツ感マックスです!

TLというのはチューブレスタイプ
ちょっと価格としてはかなり高めですが、性能は抜群です。

あまりの良さに感動したので、早速ご紹介します。

Sponsored Link

GP5000とは

ドイツのコンチネンタル社が販売しているタイヤです。
クリンチャータイプとチューブレスタイプの2つがあります。

Grand prixシリーズは、以前はGP4000という商品がありましたが、超ロングセラーで最高のタイヤでした。
そのベストセラーの最新版になります。最高級タイヤの一つです。

僕は今回ホイールもチューブレスのものを購入したので、チューブレスを選択しました。

転がりがいい

転がり抵抗がかなり少ないです。以前の4000よりも25%くらい上がってるとのことです。

その通りで、下り坂だと怖くなるくらい、進みます。

一方で、後述しますが、硬さがあるにもかかわらず、振動吸収もしっかりしてくれるので、疲れにくいです。

グリップがいい

コーナーの時の安心感が全然違います。
かなり安心して体重を車体に預ける事ができます。

コーナリングでしっかり車体を傾けれます。

これはContinentalのカーボンブラック(タイヤの成分)が超特殊素材になっていて、それが大きく機能している感じです。

振動吸収性もかなり良い

振動が多いと、手から肩まで振動抑えるために力を加えることになるので、結構疲れてしまいます。

その点、このGP5000は、タイヤがもちっとしてて、かなり抑えてくれる感じ。

また僕が選んだチューブレスはホイールによりますが、6気圧程度の空気なので、乗り心地は抜群です。(チューブレスはクリンチャーと比べて空気圧を下げることができます。)

まとめ

一言で言うなら、「欠点がないタイヤ」だと思います。

強いてあげるなら、値段。

1つで9000円くらいするので、2つで消費税込2万円。高いものにはそれ相応の価値があるということです。

ただ、チューブレスなので、チューブ不要ですし、摩耗性能もかなり上がってるようで、長持ちするとのことなので、しっかりお値段は回収してくれると思います。

通販で買うともっと安いので、もっとやすいので、それも手ですね。

マビックとの相性もかなり良くなっている。

GP5000は、マビックとの相性が悪いというネット上の記事を見かけます。

しかし、僕は2021年モデルのMAVICのキシリウムSに付けていますが、相性抜群です。

去年までのMAVICだと、GP5000との相性は最悪だったらしいですが、2021モデルから、かなり良くなっています!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!