マラソン・ランニングを始める方に必要なお金の説明。イニシャルコストは極論タダ。

これからマラソンやランニングを始めようか、でも、お金がということで悩んでいるのであれば、是非すぐチャレンジしてしまいましょう。

世の中には色んなスポーツがありますが、その中でも、マラソンは本当に初期費用少なめで参加できるスポーツです。

マラソンにかかるお金一覧

1.シューズ代

2.ウェア

3.大会エントリー料

4.交通費

くらいです。

ゴルフだったら、ウェアも買って、アイアン買って、ボール買って、練習のために打ちっぱなしのボール代払って、ラウンド出るために、高速乗ってガソリン代かけて、入場料払って、、、永遠とお金がかかりますが、マラソンの場合は、初期費用はかなり控えめです。

それぞれ解説していきます。

1.シューズ代

一番大きい初期費用はここだと思います。

やはりランニングを始める場合はランニングシューズは最低限必須かなと思います。ただ、このランニングシューズはピンキリです。

僕が履いているのは、ペガサスターボ2というナイキのシューズを履いていますが、18,000円くらいします。

が、シューズなんて、ピンキリです。

安いシューズは、わりとセールとかだと3000円くらいであります。

でも、ランニングシューズって結構いろいろ使えるので、それなりのものを買っといてもいいかなとは思います。

無難なものでいうと、アシックスのジョグ100。お店によりますが、4000円くらいで売ってます。リンク貼っときます。

https://kakaku.com/item/S0000829818/

安いですが、十分な機能性があります。
通気性、クッション性は抜群。サブ5くらいならこれで余裕です。

ちなみに、私の初レースのハーフは、使い古したコンバースのチャックテイラーでした。

個人的には、ランできそうだなと思ってから、シューズにこだわるべきです。とりあえず、ありモノのシューズでやってみることが大切かなと思います。

なんで、状況によっては初期費用0円。

多少お金使うにしても、ジョグ100買って、4000円ですね。

Sponsored Link

2.ウェア

これも単刀直入で、ありもので構わないです。

部活とかスポーツやってた人なら、その時の服でいいと思います。

僕もサッカーのユニフォームで走ってました。

ここはこだわるべきポイントがあるとすれば、スポーツタイツくらいで、それ以外にこだわったとしても、ランが劇的に速くなるとか楽になるとかはないです。

スポーツタイツについては、↓で解説しているので御覧ください。
https://playandlive.net/sports-tights/

とにかく、最初始めるならありもので構わないので、初期費用ゼロですね。

Sponsored Link

3.大会エントリー料

これは、絶対かかってきます。

ここだけは払ってもいいと思います。

ここをケチるとしたら、自分で目標を決めて走るとかだと思いますが、絶対面白くないです。

レースに出ると臨場感が全然違います。アドレナリンも大放出なので、いつもより楽しく走れます(逆にアドレナリン出過ぎて、後半に後悔することもありますが)

レースのエントリー料はピンキリです。

安いレースだと、3000円程度。

東京マラソン、大阪マラソンなど有名大会だと、12000円くらいします。

そこは自分が興味あるなと思ったレースを走りましょう。

Sponsored Link

4.交通費

これは言わずもがなですが、レース会場までいくのにかかる経費です。

ピンキリです。

レース会場が、家の近くなら、1000円も切るでしょう。

ちなみに、私は毎年那覇マラソンを走っていて、交通費は往復で20,000円強しています。(那覇マラソンエントリー料は6,800円)

お金はかかっても、マラソン以外に楽しみを入れておくと結構モチベーションに繋がって、練習に取り組めるものです。

Sponsored Link

5.まとめ

要は、ピンキリです。極論、タダでいけます。

が、平均的なイニシャルコストでいうと

シューズ代4,000円

ウェア代0円

レースエントリー料6,000円

交通費1,000円

11,000円くらいだと思います

このうち、シューズ代は初期費用なので、向こう1年くらいは購入不要です。

実質必要なのは、レースエントリー料でしょう。

ぜひ、これからやっていきたいという人は、こちらの情報をご参考ください!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!