旅がさらに楽しくなる!旅先でのランニング

  • 2020年10月10日
  • 2020年10月10日
  • Akari

ようやく涼しくなってきたこの季節。コロナの心配はありますが、いろんなところへお出かけしたくなります。

そして私にとっては、出かけた先でランニングするのが楽しみの一つでもあります。旅先でのランニングは格別です。そこで今回は、旅先でのランニング、旅ランの魅力をお伝えしたいと思います。

旅ランの魅力

非日常のわくわく感

いつもと違うコースを走るのはわくわくしますよね。これは旅先ならなおさら。普段のランニングよりも距離が短く感じます。また、訪れた街の定番のランニングコースなどを走ってみて、その街のランナーの様子を観察するのも楽しいです。海外なら特に、ランニングウェアがぜんぜん違っていて、参考になったりします。

また海外や日本でも田舎の方に行くと、「おはよう」「がんばってね」とか声をかけてもらえることがよくあって、嬉しい気分になります。私が普段走っている大阪城公園ではなかなかありません。

人気のない街並みを独り占めできる

旅先で走るとなると、昼は観光や買い物、アクティビティを楽しむことが多いので、早朝に走るのが効率的。まだ人気の少ない街の中を走るのは、その景色を独り占めできているような気がして爽快です。特に観光地なら、普段は観光客がたくさんいるので、人が少ない光景を見られるのは朝に走る特権ですね。

日の出前の松山城

私は旅先で市場付近を走るのが好きなのですが、まだお客さんがおらず、お店の人が準備をしている様子を見ているだけでおもしろいです。

時間を有効活用できる

旅先で朝走ると、時間の有効活用にも。清々しい気持ちで1日をスタートさせられます。ランニング中に、街の下調べもできて、ある程度土地勘をつけられるので、その日の観光の計画も立てやすいです。

以前エストニアの首都タリンの旧市街へ行ったことがあります。タリンの旧市街は道が入り組んでいて、小さなお見せがたくさん並んでいるのですが、朝のランニング中にいろんな路地を回り、行きたいお店の目星を付けていたので、観光しやすかったです。

タリン旧市街

旅ランの便利アイテム

どんな旅をするかにもよりますが、私は身軽でお金をかけず、バックパッカーのような旅をすることが多いので、その度を前提とした旅ランでおすすめのアイテムをご紹介します。

KEENのサンダル

愛用しているKEENのサンダル。ボロボロです、

正直、私は走れる靴さえあれば服装はある程度何でも大丈夫だと思っています。

普段はもちろんランニングシューズでランニングをしますが、旅先ではできるだけ荷物を少なくしたいので、KEENのサンダルを履いて行って、そのまま走ることが多いです。フィット感があって、わりとどんな道でもタフに走れます。

ただ、普通に歩くなら素足でも大丈夫ですが、走るときは靴下を履いた方が良いです。サンダルの中で足が擦れて痛い思いをしたことがあります。

私はこのサンダルで10kmまでなら難なく走りました。ただそれ以上走る場合は、きちんとしたランニングシューズを持っていった方がいいかなと思います。

写ルンです

私は写真を撮るのが趣味なので、度には必ず一眼のカメラを持って行きます。走る時もいろんな景色を撮りたいので、カメラを持って走りたいのですが、さすがに重い…。でもスマホのカメラだと味気ない…。そんなときは写ルンですを持って走ります。軽くてコンパクトで、いい感じの写真が撮れますよね。あとで現像するので二重に楽しみが増えます!

インドの砂漠。写ルンですで撮影

まとめ

いかがだっでしょうか、旅先でのランニング。わたしは書きながら、早く海外へ行って走れるようになりたいなーと思いました。

ですが国内でも魅力的な場所はたくさんあります。次はどんなところを走ろうか、考えただけでわくわくしますね!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!